テレフォンセックスサイトでリアルに女性と会う方法

サクラのいないテレフォンセックスサイトなら会えるヤレル!!電話エッチは即アポ会えまくり!!

女性を虜にする方法


テレフォンセックスも実際のセックスも形は違えども、同じように大切にしなくてはならない部分が沢山ありますよね。

実際のセックスの方法論というのは、沢山の書籍などがありますね。

けれども相性によったり、人それぞれの部分というのが大きいので、どの方法が当てはまるのかは分からないのが正直なところだと思います。

情報商材などで「セックスフレンドを作る方法」のようなものも沢山販売されていますが、

どれもこじ付けたような内容の物ばかりで、高い金額を出してまで買う必要があるとは到底思えません。。

もちろん私の記事は全て無料で読めますのでご安心ください。

女性感じる部分とは一体どの部分なのでしょうか。

激しく強く愛撫しないと感じない女性もいれば、優しくソフトに愛撫しないと痛がる女性もいます。

責められないと興奮しない女性もいれば、責めないと興奮しない女性だっています。

人には言えない性癖を持っている人だっています。危ない性癖を持っている人だっています。

結局は人それぞれ十人十色なので、パートナーとなる人がどのようなタイプなのかを確認するのが最良の方法ではあります。

しかしながら、まだ知り合ったばかりだった場合、相手の性癖を全て聞き出すことは不可能です。

また、ゆきずりの関係だったら相手がどんなタイプなのかは全くもって分かりませんね。

性的な部分」に視点を向けてしまうと、人それぞれなので分からないのが本当のところなのです。

以前の記事で「テレフォンセックスもリアルも同じセックス」を書かせていただきましたね。

内容が重複しますが、男性は性的な部分ばかりに目が行ってしまいがちなのですが、

女性の多くは「雰囲気・シチュエーション」で感じているのです。

女性は身体で感じているのではなく、脳と心で感じる生き物」なのです。

それをしっかりと認識するまでは、ホテルでセックスするまで辿り着けても、その後が中々続きませんでしたね。

身体の相性もありますが、それ以上に「自己満足のセックスをしていた」ということだと思います。

鮮やかなお花を用意したり、オシャレな場所で食事をしたりして雰囲気を演出し、

ホテルに行く前の時点で前戯が始めているのです。

そうして女性の心を酔わせて行くことを徹底するようになれば、

セックステクニックが乏しくとも、女性はまた必ず貴方に会いにきてくれるのです。

もちろん実際のセックスのテクニックも重要ではあります。

※それは次回の記事で書かせて頂きます。

実際のセックスのテクニックはもちろんのこと、女性の心を酔わせることが出来るようになれば、

多数の女性から週末の予定の奪い合いが起きることでしょう。

多くの男性が惜しいところまで出来ているはずです。

貴方の周りでいらっしゃいませんか?

容姿は全く良い男ではないのに、とっかえひっかえ女性とセックスしている男性。

※相当良いイチモツを持っているとかは別件です(笑)

大抵の男性は最初は女性の心を酔わそうと必死になり、きちんとプレゼン出来ています。

しかし、一度釣った魚にはエサを与えたくないのが男の心情という物ですね。

やがて何もしなくなってしまいます。

それが出来るか出来ないかが分岐点と言えます。

何度会っても「特別な時間を演出出来る」。女性を「ときめかせることが出来る」。
これこそが女性を心で酔わせ、リピートさせる極意なのです。

心が満たされることで、身体はより一層感じるようになります。

もちろん、限られた時間しか会えない関係性だからこそ、これらを実現出来るのだと思っています。

容姿が悪くともやたらモテている人というのは、無意識のうちにこれらを実行しているのかも知れませんね。

また、女性が最も強いエクスタシーを感じるという、ポルチオ性感帯の開発も忘れてはいけません。

これは完全に私の独断と偏見ですが、

奥でイった女性は100%リピートで抱かれに戻ってくる」からです。

今まで100人以上の女性と関係をもってきましたが、ポルチオでイった女性は100%抱かれに帰ってきます。

もちろん、脳と心とポルチオの3トップセットですが。

※セックステクニックに関しては後日別の記事にて書かせていただきます。

セックスして射精することがゴールなのは私もよく分かります。

しかし、セックスしてからが始まりになる女性の心情もある程度理解して行かないことには、

大量のセックスフレンドを獲得するのは難しいかも知れません。

何もそこまでして女性に尻尾振って生きていたくね~!

という男性もいることでしょう。どれが正しい訳でもありませんから。


コメントは受け付けていません。

オススメ面白サイト

インフォメーション

copy rights all reserved(C)

当サイトに記載の記事、写真等を含め全ての無断転載を禁じます。