テレフォンセックスサイトでリアルに女性と会う方法

サクラのいないテレフォンセックスサイトなら会えるヤレル!!電話エッチは即アポ会えまくり!!

どんな会話をすればいいの?


どんな会話をすればいいの?

テレフォンセックスの会話イメージ

初心者の方から最も多い質問がこれですね。

実際繋がってから何から話せば良いのか分からない、恥ずかしいなどなど。

人それぞれではありますが、最初は特に緊張するものです。

テレフォンセックスサイト、と括っても、テレクラサイトとライブチャットサイトでは方法が異なってきます。

少しでも利用したことのあるユーザーなら違いがお分かりかと思いますが、初心者では全く違いが分からないかも知れません。違いについては基礎知識の方で読んで頂ければと思います。

【テレクラサイトの場合】

テレクラサイトは相手の顔も分かりませんし、どこの誰だかも分からない状況で繋がります。

そうです。お互い全く見ず知らずの異性同士が繋がるのです。

慣れていないユーザーからすれば、「テレフォンセックスのサイトなんだから、なんでもありっしょ!!

こうなってしまうかも知れません。確かになんでもありと言えばありなのですが、

相手は一般の素人女性なのです。

しかし中にはサクラがいるかも知れません。サクラの見分け方は後日別の記事で説明するとして….

ちょっと違った視点から見てみましょう。

女性がテレフォンセックスサイトを利用する時はどんな時だと思いますか?

もちろん欲求不満だったりが重なって利用するのかも知れませんし、ちょっとした冒険心からかも知れません。

男性はスグにでもリアルに会って即セックスがしたい生き物であり、それが出来る生き物です。

しかしほとんどの女性はそうではありません。

警戒心があり、ちょっとした冒険で済ませたい。家庭は壊したくない。プライベートは干渉されたくない。

というのがほとんどだからです。

これらの事を踏まえてもう一度考えてみましょう。

テレクラサイトでは男性ユーザーは特に、実際に会いたくなってしまい、

接続後すぐに「番号交換しよう」「これから会ってみない」などと発言してしまいがちですね。

それは私もよく分かります。無駄なポイントや費用は極力抑えたいものですから。

ですが、特にテレクラサイトのように顔も見えない、お互い何も知らない同士の場合は、

相手の警戒心を解く」ことが重要です。

繋がってスグに「会おうよ」「番号交換しようよ」は、絶対に止めるようにしましょう。

丁寧に対応し、優しく相手の女性を包み込むかのように会話すると、相手の貴方に対する印象がぐっと良くなるはずです。スグに会いたい気持ちは分かりますが、本当に会いたいのであれば、そこは我慢が必要です。

また、会う目的で無いにしても、丁寧に対応し、相手の会話をしっかり聞いてあげることで、貴方に対する印象が代わるはずです。

【ライブチャットサイトの場合】

ライブチャットサイトの場合は、お互いの顔も確認出来ますし、メールである程度距離を縮めることも可能です。

さらにはプロフィールやブログなどもあって、こちらのことをプレゼン出来る機能が揃っています。

いきなり直接話すのが苦手な人などには最適なのがライブチャットサイトと言えます。

初心者の人にも初めやすいですし、中でもモコム・ファムはパソコンのライブチャットで有名なエンジェルライブやチャットピアを運営する会社なので、後払いも一切ありませんし、無料体験額も3,500円分初回から付いてくるので、非常に遊びやすいサイトと言えます。

モコムFAMU

初心者の方はまずは安心して利用出来るこちらの二つから遊んでみると良いでしょう。

※詳細調査も行っているので見てみてくださいね☆

ライブチャットサイトではメール機能があるので、いきなり会話というより、最初はメールできっかけ作りに徹することが多いと思います。

無料体験ポイント内で、実際に会話体験をしたいという人は、お気に入りの女の子をまずは探して、いきなり電話してみるのもひとつの方法ではあります。

しかし、突然電話が掛ってきても、女の子には貴方が誰だか分かりません。

会話する前にメールしておくか、予め顔見知りでないといきなり会話しても女の子側からでは貴方が誰だか特定出来ないのです。

ライブチャットサイトではいきなり会話するのではなく、

予めメールをしておくことで、女の子が安心して会話することが出来るようになります。

お互いの顔も確認出来てしまう(PCなら双方向・スマホならチャットアプリなどの場合)ので、

失礼の無いように話し掛け、優しく紳士的に対応するように心掛けましょう。


コメントは受け付けていません。

オススメ面白サイト

インフォメーション

copy rights all reserved(C)

当サイトに記載の記事、写真等を含め全ての無断転載を禁じます。